KHECHEOPALRI LAKE SIKKIM INDIA

インド シッキム州ケチュパリ湖の暮らし
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽気なレプチャ族

私の住むケチュパリ湖のまわりの住民はほぼレプチャ族。
私の夫はブティア族。

レプチャ族はもともとシッキムにいた先住民族。
そこにチベット人(のちのブティア族)が来て、さらにネパール人がいっぱい来た。

レプチャ族、顔が日本人と同じ、言葉も日本語と似ていて、
日本人のルーツと考えている人もいる。
私の耳には、チベット語と似ているように聞こえる。

「こんにちわ」は「カンムリー」。

こちらに来た頃は、みんなにレプチャみたいだねと言われた。
ブティアは目が小さい人が多く、レプチャは目が大きい人が多い。

R0013992.jpg
*寝癖がかわいいレプチャの子 名前はチンチン

私の住処の下の谷にいるレプチャ族たち、ものすごい呑気で陽気。

靴を履いていないおじさんが数人。どこにいくにも。
足がドイツの靴の形になっていて、もうどんな靴も入らなそう。
立派な足だから必要もないだろうけれど。
サンダルを履いていても、泥だらけの足の人ばかり。

朝から夜まで飲んでいる。
朝6時にレプチャの家に行ったら、もう数人集まって飲んでいた。
夜、歌って踊っての飲み会を外でよくしている。
幽霊退治の法要もよく夜にしていて、最終的に飲み会になっている。

心配なのは、
レプチャの子は、ブティア、ネパール人の子と違って、なんだか、ぼーっとしている。
洋服がボロボロな子が多く、でもお母さんたちもボロボロ。
初めてみた時は戦中の日本人のようでショックだった。
貧しくても、きれいにしようとすれば出来るのにしていないだけだとわかりちょっと安心。
穴が開けばちょっと縫えばいいのに、縫わない。
日本から、子供の古着を送ってもらおうかなと考えたこともあるけれど、
お金を稼ぐとまずお酒に使っている両親をみて、とどまっている。

ケチュパリのレプチャは仏教徒だけれど、ここ数日のディワリというヒンドゥー教のお祭りも飲んで歌って楽しんでいる。
おとといは夕方から朝までマイクを使って歌っていた。

ここのレプチャの人たち、今を楽しく暮らせたら、食べることができたら、
明日の心配などしなくても良いと思っているように見える。

彼らに会うと、思わず笑顔になる。
羨望の眼差しでみてしまう。

日々せっせとお店を開く私、たまにはレプチャのように過してみようかな。

夜寝るときレプチャの歌声が聞こえるたびに、いいなーと思う。

スポンサーサイト

視力回復とメガネ

中学からずっとコンタクトで、視力回復手術も受けたかった。
友達ふたりはインドで回復手術を受け、成功している。
私は日本で受けるつもりだった。

視力回復手術をまさに受けたい直前にソナムと会って、
ソナムの強い希望でメガネになった。
ここ2年間メガネ。

大量の使い捨てコンタクト、ここぞというときに使おうと思っているけれど、
インドでまだ一度も使っていない。

1年半前に東京で作ったメガネ。
視力が良くなり、頭が痛くなるように。
手持ちのほかのメガネも全部度が強い。

シッキム州には、かわいいメガネは見当たらない。

首都デリーにはいっぱいメガネ屋さんがあった。

0.5、視力が良くなっていた。
そして、シッキムの山では1.0も視力はいらない。
0.5あれば大丈夫だと思う。
10年後に裸眼でいられたらいいな。
いつも自然の緑を見ていて、読書やテレビ、ネット時間が減ったからか。
読書したいなぁ。

ソナムの親戚はみな視力がとてもいい。
視力回復のため、早朝、芝生を裸足で歩くようにと教えてくれた。
また、なるべく裸眼で過すといいそう。
怖くてまだやっていない。

R0017006.jpg

ついに、デリーで、小さくてかわいいガンジーのようなメガネを購入。

2日後、このかわいいかわいいメガネ、
デリーからの長距離列車の中で、到着寸前の気を抜いた瞬間、
手元に置いてちょっとうたた寝中に、インド人に盗まれた。
視力が-6.5の私は、メガネがないと何も見えないから
盗られたあと、とても困った!
メガネをどうするんだろう・・・
盗られた人の気持ちを考えないインド人、きらい!
私の眼鏡を盗ったインド人、ひどい!

気を取り直して
ウエストベンガル州のカリンポンであまりかわいくないけれど
しばらくデリーに行かないので、メガネを購入。
購入後頭がクラクラしてお店に確認すると、度数は合っていると言い張るので信じた。
あとで別の街で調べたら度数が注文と違っていた。
カリンポンは家から5時間もかかる遠いところなため、まだ文句を言えていない。

インドでメガネ購入、なかなかうまくいかない。

視力回復はうれしいな。

カルダモンの季節はひとり

10月はカルダモンの収穫の季節。

高く売れるため、村人は誰もがカルダモンを植えている。

R0013235.jpg
R0013449.jpg
*山にある石小屋にカルダモンを集め、みんなでほぐし作業

R0013229.jpg
cardamon
*この中にある小さい種を食べる

R0013428.jpg
*下から火で炙りカラカラにさせる
R0013426.jpg


ソナムは実家に収穫の手伝いに行っている。
昨年は私も同行した。

カルダモンは広大な山中に植えてある。
遠いところは家から1時間くらい。
収穫の前に雑草むしりがあり、
土の中にあるカルダモンを専用の鉄棒で取るのは力がいる。
取ったカルダモンの塊から、皮を剥がして一個ずつにほぐす作業も力がいる。
そのカルダモンを下から火で丸2日炙る作業も力がいる。

私はあまりにも力になれないので
今回はお土産屋さんでお留守番をすることにした。

メリという場所にある実家は、ケチュパリから8キロくらい。
疲れている夜に運転してほしくないので、泊まってもらっている。

ソナムは3日おきにケチュパリに夜帰ってきて翌朝メリに行く。

はじめは、久しぶりのひとりにわくわくしていたけれど
夜に隣家のない山の中にひとり、そろそろさみしいな。

カルダモンは
カレー、ケーキ、パン、肉・魚料理、紅茶、コーヒーなどに使う。
疲労回復、消化吸収を助け整腸効果があり、口臭も消す。
古代には解毒剤、媚薬、泌尿器系の病気、脂肪をとる生薬としても使われたそう。

生のカルダモンはそのままかじるだけでもジューシーでおいしい。

カルダモン仕事、あと2週間は続く。

ケチュパリ湖のゲストハウス

<2014年1月訂正しました>

私達はゲストハウス「M.dadul Memorial Guest House」の部屋を以前借りて住んでいました。

ケチュパリ湖参道の入り口の門から5分登った丘。
すぐ下は湖で、逆側はユクサム、タシディン、ラヴァンラ、村々が見渡せます。

R0013062_20111011031413.jpg

隣家が5分離れているためとても静か。

たくさんの鳥がいます。
鹿、ムササビ、蛍、蝶。

ベランダでチャイを飲みボーっとする朝。
ベランダでチャイを飲み星を見てホッとする夜。

このベランダがとても好きでした。

R0017008.jpg

R0017015.jpg

R0017026.jpg

ゲストハウスは、ほかにケチュパリ湖の参道の門近辺に2軒、
湖と逆側に20分間登ったところに4軒。

ペリンやガントクから日帰り旅行でケチュパリ湖に来る観光客の方々が多いのですが
泊まって山登りをしたり、村を散歩したり、滝で泳いだり、早朝に湖で瞑想したり、
ぜひのんびりしてほしいです。

ケチュパリ湖のまわりには、洞窟が4箇所、滝が4箇所あり、ゴチャラ(4940m)を通るカンチェンジュンガ山(8598m)の方へのトレッキングもできます。(往復8日間)

ケチュパリ湖が足型に見える、グリーンターラー洞窟までは、登り2時間、下り1時間半かかります。
寝袋を持ち洞窟周辺で泊まるのも気持ちが良いです。
お坊さんが瞑想のために長期滞在していることも多いです。

ペリンやケチュパリで、私の旦那ソナムの親族です、と日本人観光客に話しかける人がたまにいるようです。
これは、本当の親族でなくても、こちらの文化で、知り合い程度でお兄さん、お姉さんと言うようで、悪気はないです。
ソナムの本当の兄、姉は観光地にはいませんのでご注意ください。
ケチュパリにはソナムの姉がひとりいます。

ケチュパリにタバコは売っていません。
ケチュパリから徒歩30分のティンリン村に売っています。
ケチュパリには、品揃えが豊かな商店がありませんので、好きなお菓子、果物などは事前に買ってくると良いです。

街灯のない森ですので懐中電灯は必須です。

よろしくお願いします。

R0017022.jpg

シッキム入域許可証について

<2015年8月訂正>

シッキム州に入る外国人はシッキム入域許可証Inner Line Permit(ILP)が必要です。
シリグリ、州境ランポのチェックポストで簡単に取得でき無料です。

初回発行時は最大30日間です。
滞在日数は何も言わないと短くされることもあるので注意してください。
延長することで最大2ヶ月間滞在できます。
現在、中国国籍の方は発行されないようです。

☆必要なもの
・パスポート
・パスポートのコピー(顔写真とインドビザのページ)
・パスポートサイズの顔写真1枚

☆取得できる場所
・日本、各国のインド大使館・領事館

・ウエストベンガル州シリグリのSNTバスターミナルにあるシッキム観光局Sikkim Tourist Office 所要10分
シッキム最寄の電車の駅、「NJP(ニュージャルパイグリ)」から13キロのここはシッキム行きのジープ、バス乗り場にあり便利な場所で1番おすすめです。10時から16時までで、第2土曜、日曜、祝日お休み。

・シッキム州到着時に州境ランポのチェックポストで 所要10分
シリグリから、ガントク方面に行く場合の通り道です。

・「地球の歩き方2015~16」に書いてあったのですが、
州境メリMelliでも15日間または30日間の入域許可証が取れます。
5~6分で取得できるそうです。
ケチュパリ湖に来るときに、シリグリで取らなくてもMelliで取れるので楽になりました!

・デリー、コルカタ、ムンバイ、ダージリンなどの外国人登録事務所Foreigner's Regional Registration Offices(FRROs)
ダージリンでは取得に半日時間がかかるようです。

・デリーのシッキムハウス

・コルカタのシッキムハウス

☆延長
許可証は入域日から30日間有効。
さらに30日間の延長ができ、合計2ヶ月間シッキムに滞在できます。

☆延長手続きの場所
①ガントクのシッキム州観光案内所で簡単に延長が出来るようになりました。
場所はMGマーグです。

ガントクの外国人登録事務所Foreigner's Regional Registration Offices(FRROs) 所要15分 10時から16時まで 第2土曜日、日曜、祝日は10時から12時まで 
2014年よりFRROの場所が変わりました。ガントク中心地から車で20分程下ったjewel gateという場所です。

②西シッキムのペリンから5キロゲイジン寄りのティクジュクにある警察署Superintendent of Police 所要30分以上 10時から16時まで 第2土曜日、日曜、祝日休み

③南シッキムの警察署Superintendent of Police 

④北シッキムの警察署Superintendent of Police 

シンギクより北のシッキムやネパール、チベット、中国国境近く、ヒマラヤの山登りに行くときは特別な許可証がさらに必要になります。

よろしくお願いします。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。