KHECHEOPALRI LAKE SIKKIM INDIA | 2011年11月

大きな白うさぎ

今夜はソナムが病院付き添いでガントク外出のためひとりごはんで、
ソナムが胃潰瘍のため普段食べられない卵、チーズ、トマト、ジャガイモ、各種スパイス、牛乳をいっぱい入れて食べた。
やっぱりおいしい。

調理途中、真っ暗なベランダを見たら
すごく大きなリスがいた。
まだらの黄土色で大きさは猫くらいもあり、尻尾と体が同じ大きさ。
リスも私もお互いをまっすぐ見ていて逃げる気配はない。
ひとりの時に限って、普段会わない動物や虫にあう。

それで想い出した。

ソナムが見た大きなうさぎのこと。

R0017250.jpg

ソナムが朝、ひとりで部屋の近くの山道を歩いていたら
人間くらいの大きさの白うさぎに会ったそう。
うさぎもこっちをみていて、ソナムもうさぎを見つづけたら
うさぎはぴょんぴょん去ってしまった。
本当なのか何度も確認して、本当とのこと。
さらにとてもかわいかったそう。

これを親戚に話したら
湖の神様が大きなうさぎとして現れたのだという。
彼らに驚きや見間違えなのではという疑いはなかった。

その大きなうさぎの話を聞いてから、
ひとりのときは会いたくないなぁと思いながらひとりで歩いている。

神様なのだろうか。


R0017257.jpg
※お姉さんの稲刈り

蛇に噛まれたソナム

5日前プトゥンのネパール人村でトゥンバを飲み、ほろ酔いでカルダモン畑を歩いていたら、
ソナムが蛇に足の土踏まずの横を噛まれた。
小さい黒い蛇。

すぐに最寄の民家へ行き、毒が上に行かないようニンニクの汁をふくらはぎに
グルッと塗って、髪の毛でふくらはぎを縛り、草で縛り、
蛇治療の得意なおじいさんに来てもらい、呪文やら薬草を塗ってもらった。
痛くて翌日もおじいさんにみてもらい、別のおじさんに蛇の毒を赤土を含んだ口で
吸引してもらい、おとといはまた別のサキョンの村のおじいさんに呪文や薬草を塗ってもらった。
こういう、シャーマンというか、民間治療のおじいさんがたくさんいて、驚いている。
ほんとうは医者はひとりがいいそうだが、3人に看てもらった。

R0017237.jpg
*毒が上に行かないよう、いろんなものでぐるぐる

R0017244.jpg
*赤土を口に入れ、毒を吸引。

R0017248.jpg
*この薬草のお医者さんに胃潰瘍の薬を作ってもらった。

いまもちょっと痛いみたいだけれど、大丈夫だと思う。
足を引きずって歩いている。

ネットで調べたら、マムシに噛まれたよう。
日本ならば、血清の注射をすぐに打つ。
ソナムは注射が嫌だったのでしていない。

夜大自然を歩くときは、長靴や丈夫な靴をはくようみんなから注意を受ける。

蛇に加えて
胃潰瘍で胃に穴が空いているソナム、
デリーの病院の薬が効かなかったのか
ピロリ菌が除菌できなかったのか、また胃が痛い。
昨日から一ヶ月間薬草治療をすることになった。
この一ヶ月間の薬草服用中は、肉、酒、じゃがいも、なす、おくら、スパイス、酸っぱいもの、牛乳、チーズ、バター、卵などいろいろおいしいものを食べてはいけない。
さらに、両鼻の鼻づまりが数年間続いていて辛くて、おじいさんに呪文をかけてもらった。

ソナム、何故こんなに。かわいそう。
健康が一番だとつくづく思う。

おじさんたちの呪文や薬草が効きますように。
良くなりますように。

いつかこんなかまどで

料理はガスコンロと電気コンロでしている。

でも、私は知っている。
薪のかまど料理のおいしさを。

それは、お湯も甘くコクが出ておいしい。
薪の火で作ったお湯のシャワーは、芯まで温まる。
ガスと同じ火だけれど木からの火は、
どうしてこんなにおいしいのだろう。

近所の人はみな、ガスコンロのようにかまどを使いこなしている。
薪、私は着火までに15分はかかるけれど、
みなサッと火をつけていて、火加減も自在に操っている。

R0017136.jpg
ソナムの4番目の兄のお嫁さん

DSCF1314.jpg
ご近所のかっこいいかまど

india08.09.4 688
姉のかまどを作るソナム 石を積み、牛糞、藁、粘る土を混ぜたもので形をつくる

img_799728_11107429_1.jpg
ガスシリンダー

村でガスがあるのは、レストランをしているお店くらい。
ガスはプロパンガスでシリンダー、中身のガスがなくなったら手に入れるのが大変な貴重なもの。
ガスの配給日を事前に調べ、配給してもらうカードも必要、2時間離れた街まで行く。
そして自分で運べる重さではない。
ケチュパリでは、ガスが切れるのが怖い。
ある日突然、予告なしに切れる。
インドの他の街と比べて高く、ひとつのシリンダー満タンが600から800ルピー。

ガスは面倒でお金がかかるから、田舎の人はみな「かまど」を使っている。
しかも、おいしい。

お店で部屋で、電気ヒーターを使っているけれど、火の暖かさにはまったくかなわない。
ケチュパリの冬にはやっぱりかまどや囲炉裏の火が必要。

今、ゲストハウスに借り住まいなので、かまど設置が難しい。
ロケットストーブというのが簡単に作れることを知り、作りたい。
一斗缶見つかるかな。

自分の家を作ったら、かまどを作ろう。
だんだん、ガスからかまどに移行できたらいいな。

自分で料理はじめ

いつもソナムの手伝いをしていた。
野菜切り、米とぎ、お皿洗い。

それは、調理器具の持ち手や蓋がなくて熱くて持てなかったり、
調理器具が鉄で大きく重すぎたり、ガスが切れて火だったり、
電灯が暗すぎで手元が見えなかったり、
大匙小匙や計りのコップなどがないせいにしていた。

そして何より、ソナムがおいしい料理をテキパキと作ってくれるから。
本当においしい。

ソナムがカルダモンの収穫でいないこの長期間。
私は姉の家で食べていた。

ここに住みはじめて1年4ヶ月。
ついに、わたし専用ガス台と日本と同じような調理器具を遠くの街で先日揃え、
ゲストハウスとは別の私達の台所を作り、自分で作ることにした。

初日は圧力鍋の圧をかけ過ぎてご飯がパサパサに。
次の日きのうは、日本の味を出そうとジャグリーという
さとうきびの砂糖と塩を大量に入れてしまい
濃くて食べられずカンチャーという大きい犬にあげた。

そして今日、おいしいひとりご飯が出来た!

R0017185.jpg

チベットパンとポテトトマトチーズカレー。
パンはソナムから教わり、カレーは、インターネットで作り方をメモしたもの。
初心者は、勘で作るとダメだとわかった。
チベットパンやチャパティ用の分厚いフライパンのようなもののおかげ。
足りない調味料で日本の味を出そうとするよりも、
手に入る調味料でインド、チベット料理を作ったほうがうまくいくのかもしれない。

明日から、絞りたて牛乳を毎日1リットル友達から買うことにした。
冷蔵庫がないので賞味期限は1日。
毎日ひとりで飲みきれるかな。

ひとりのうちに、料理上手になろう。

日本の友達の来訪

友達夫妻が、はるばる東京から遊びに来てくれた。
デリーからの移動に時間がかかるため、ケチュパリ滞在は5日間。
10日間の短いお休みに来てくれて、感動のひとこと。

1ヶ月前から楽しみにしていて、山の中でもなるべく少しでも快適に過せるよう
水の確保、ガスの確保、電気の整備など準備しつつ、前日は興奮と緊張。

2年ぶりの友達に会うと、そんな緊張もどこかにいって、ホッと安心した。

私の母、家族からの荷物を運んできてくれた。
心配をかけている家族からのたくさんの荷物。
たくさんの防寒服。
自分の服から、家の匂いがして懐かしい。
おばあちゃんの裁ちばさみも。
地下足袋靴、HDD、びわの種など。

重いのに、持ってきてくれてありがとう!
家族もありがとう。
日本製品は素晴らしい!
大切に使います。

R0017124.jpg
*鶏をさばく

R0017120.jpg
*ネパール人の家でダンス

ケチュパリ山村散策、ソナムの村滞在など、主に村めぐりをした。
村人とお酒を飲んで、歌って踊って。
村人の陽気なおもてなし、心が温まる。

村に来ると、ケチュパリのお店周辺が都会に感じ、ずっと彼らの家にいたくなる。
パソコンやカメラなど、モノを盗られないよう部屋に鍵をしている私。
東京の頃に比べると、かなりモノのない生活だけれど、ケチュパリの中ではたくさんのモノを持っている私。

彼らの家には、なにもないから、鍵をしない。
なにもないのに、なんて自由で楽しそうで幸せそうなの!

友達に鶏を殺してもらってさばいて食べて、みんなでチャパティを作ったり。

とてもとても楽しい5日間だった。
日本に一緒に帰りたくなったけれど我慢。

別れは寂しいけれど、遠くにいても近くにいる気がするので大丈夫。
また来てね。
PROFILE

haru

Author:haru
インド北東部ヒマラヤ南麓のネパールとブータンの間のシッキム州ケチュパリ湖でブティア族の夫、子供と暮らしています。

湖に向かう参道にてお店「SIKKIM-YA」をしています。
現在、雨季&夏休み中です。
9月末に再開店いたします。

湖から5分の家でホームステイも始めました。
お問い合わせはこちらまでお願いします。
h-n8@hotmail.co.jp

よろしくお願い申し上げます。

*Souvenir Shop
SIKKIM-YA*
Handicraft,Postcard,
Buddhism goods,etc

*Place*
Khecheopalri Lake,
P.O. Khecheopalri,
West Sikkim,
Sikkim,India
Pin737-113

CATEGORIES
CALENDAR
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
NEW ENTRIES
LINKS
このブログをリンクに追加する
ARCHIVES
FC2カウンター