KHECHEOPALRI LAKE SIKKIM INDIA

インド シッキム州ケチュパリ湖の暮らし
MENU

開発されていくケチュパリ

R0018283.jpg

政府による森林整備、展望台の設置、汚水道作成に続き、
先週からケチュパリマーケットエリアに、ショッピングセンターと駐車場の建設がスタート。

ショッピングセンターと言っても、現在ある数件のお土産屋などが入るだけ。
たぶん、その場所以外での出店は禁止になるそう。

なので、私のお店もそっちに移すか、
自分の家の静かなところにお店を出すか、いま考え中。

ベンガルからのインド人がウルサイけれど、売り上げはもちろんマーケットの駐車場近くがいい。
でも、展望台近くの我が家でお店が出来たら静かでいいなぁ
ため息が出てしまうほどに、ベンガル系インド人うるさいから。

ショッピングセンター。
年内か来年か、いつ出来るのかわからないが
滅多に見ないTATA HITACHIのブルドーザーを使っているので早そう!

開発好きの村長は、湖と反対側に、インド人の好きな人工湖を作ってボートを並べたいそう。
それだけはやめてほしい・・・
その前に、風雨ですぐ停電しないように電線を整えてください。

政府が展望台近くにゲストハウスを作るそうだし、
どんどん変わっていってしまうのか、ケチュパリ。

このままですごく魅力的な場所だから、変わらないでほしい。

R0018281.jpg
はちの巣から、薬を作っているソナム。
傷に塗るといいそう。

カードゲーム流行

朝から夕方までケチュパリマーケットエリアの男性たちはカード賭博をしている。
ここ2ヶ月間流行っている。

R0018110.jpg

ケチュパリ駐在の2人の警察官、村長、義姉の旦那、湖のチケットカウンターの男性など・・・。

マーケットエリアの住民は収入があるので賭博ができるけれども
ジャングルの村人たちはお金がないのでたぶんしていない。

よく、外国人観光客に質問される。
「モモ(餃子)、ベジタリアンフードなどの看板のあるレストランが4、5軒あるけれど
どの店もいま食べ物がないって言う!みんなカードゲームばかりしていてなんなの?」

みんな、商売よりカード賭博が好きな最近。
というか、モモ屋でモモが食べられるのは、1年間のうち店主の気が向いた1ヶ月間だけだと思う。
誰もが商売熱心ではない。

義姉などの呆れた妻たちに聞くと、カード賭博はお金が出て行くばかりで儲からないらしい。
女性は誰もしていない。

のどかな春。

R0018255.jpg

自給自足?のレプチャ村人

最近、なかなか家作りのお手伝いさんたちが集まらず苦戦している。
前夜に、そして当日早朝にお手伝いを依頼して、行く行く!と言うものの来てくれない。
ソナムかわいそう。

シッキムの人は日本人よりもずっとずっとNOと言えないので、みんな嘘つきだ。
嘘をつくなら、NOと言ってほしい!といつも思う。

かといって、他にお金を稼ぐ仕事をしているようでもないケチュパリのレプチャ人。

R0012556.jpg
*山菜

政府によるケチュパリ湖の下水道やいろんな工事は
ケチュパリレプチャ人ではなく、30分離れた村のネパール人大勢に作業を頼んでいる。
ケチュパリレプチャ人は働かないから・・・

野菜、家畜、お酒は自分で作っていて、やっぱりお金がいらないんだろうか。
でも、お米はケチュパリでは育たないので買っているはず。

でも先日、夕ご飯時にレプチャの家に訪問したら、夕ご飯食べないと言っていた・・・
子供いるのに。

どうやって暮らしているんだろう!!!
ケチュパリで商売しているのは
ゲストハウスとマーケットエリアの商店とレストランを営む数軒のみ。

ほかの人達はどうやって自給自足しているのだろう。
私は毎日、お店でインド人と戦ってがんばってお金を稼いでいる。

お金を稼がずとも幸せそうなレプチャ人がちょっとうらやましい。

豆料理

新月の今夜は
チャパティと、マシェイムの豆スープと、グリーンピースと他の豆とジャガイモとニラなどの炒め物を食べた。
ほぼソナムが作って、すごくおいしくてすぐ食べてしまい写真が撮れなかった。
ソナムは薄いチャパティが大好きだ。

チャパティはアタという全粒粉で作る。
両面焼いて、最後にガス直火でふっくらふくらますことが私にも出来るようになった。
前回、粉が古かったのかチャパティがすごく固くてがっかりだっただけに
柔らかくてコクのあるチャパティが出来てうれしかった。

豆、おいしい。

R0018261.jpg
このマシェイムという豆、煮ると小豆色なので小豆なのだろうか。
力仕事をするときの力になるそう。
これで、枕作ろうかな。


R0018265.jpg
このニューテラーという大豆ミートはシッキムにいっぱいあってうれしい。
日本にいるときから好きだから。
お湯や水でふやかしてから、野菜と混ぜる。お肉の触感の大豆。

発音が難しいモタルというグリーンピースは、枝豆のような皮をむいて中にある。
グリーンピースが皮に入っていることを、シッキムで知った。


R0018264.jpg
左から、よく野菜と炒めるチャナ、シービーというお豆、豆スープのお豆ムシリダル

R0018266.jpg
これも豆スープにするムンギダル

豆のスープはお味噌汁代わりに欠かせない。

豆の種類がたくさんあって、うれしい。
乾燥豆は1年中あり、新鮮な豆野菜は季節ごとにどんどん種類が変わるので楽しい。
今はグリーンピースの季節。

チャンポ

チャンポとは3年3ヶ月3日3時間、ひとりで誰とも会わずに瞑想修行したお坊さんの呼び名。

ケチュパリにはふたりチャンポがいる。
ソナムとソナムの3番目の兄もチャンポ。

ソナム以外はみんなチャンポと呼ばれている。

この間お店で、お坊さんに、
チャンポの奥さんですか?と聞かれた。
どのチャンポかわからない。

R0018242.jpg

いまも、ケチュパリの私の部屋から5分上の洞窟で
ひとりの若い僧が3年3ヶ月間の修行をしている。
いま1年くらい終わったところ。

洞窟近くの展望台で、レプチャ族の飲み会がよく開かれているので
うるさい夜も多いと思う。

瞑想はすごいと思うけれども
20歳以下の若者が陽のあたらない洞窟で数年ひとり滞在は健康上心配だ。
亡くなったり、病気になる僧もいる。
運動不足にはならず、チャクという土下座して寝そべりまた立ち上がるお祈りを何回も繰り返すから
筋肉がつくそう。

食材は提供してもらい、自炊。
洗っていいのは手首から先と顔だけ。
真っ白になって爪も髪の毛もすごい長くなって出てくるそうで
ケチュパリの僧も、無事に健康に修行を終えて欲しい。

該当の記事は見つかりませんでした。