KHECHEOPALRI LAKE SIKKIM INDIA | 2012年07月

太めが健康なシッキム

インドでは今も太めが美人の条件。

シッキムに来るインド人観光客は中流以上なので、みな太っている。
とても太いアメリカ人並みに太っているインド人親子もよく見る。

シッキムもそう。
貧しい人が多いので、太っていることは豊かさ、健康の象徴。

初めてシッキムを訪れ数ヶ月間滞在したときは、なんと10キロも太った。
それは、自分で調理せず、肉中心の料理を大盛りに盛られ。さらにおかわりをドンドンつがれて、せっかく歓迎して作ってくれたことを思うと残しにくかったから。

あの後日本ですぐに体重は元に戻り、今も変わらず。
45キロくらい。
ソナムはシッキムに帰ってきてから太った。

シッキムの料理は、毎回揚げ物かと思うほど食用油を大量に使い、塩を大量に使う。
調理をはじめてみたときは衝撃的だった!
牛、やぎ、鶏、豚などのお肉、唐辛子もスパイスもたくさん。
お米中心で、一度にご飯茶碗8杯くらいみな食べている。

今は、親族のおうちでもあまりご飯を頂かないようにしている。
あとで胃がもたれるため。

逆に、うちに来たお客様に出す料理には油と塩をたくさん入れる。
私は健康に悪いので嫌なのだけれど、ソナムがいれちゃう。
そうしないとおいしいと感じないそう。

そりゃみんなちょっと太めになるはず。
胃潰瘍や、お酒で肝臓病になる人がとても多い。

R0017682.jpg
*友達が撮ったケチュパリ村人

こちらの女性はみな、太っている。
たぶん平均60キロくらい。もっと?
小さい頃から山道の上り下りや力作業をしているからか足腰お尻もガッチリ。
お腹もぽんぽこりん。
力持ち。

今日も、重い石を、堀って割った場所から私たちの土地まで往復して運ぶ仕事を
レプチャの女性5人がしている。

私は、ひとかけらの石も運べないほど重い、長い道のり。

日本では標準体型の私がいつもいろんな人に言われるのは
「痩せすぎだー!もう少し太るといいね。お肉いっぱい食べなさい。病気があるの?」

日本人はみなこのくらいですと説明している。
いろんなところで毎回言われる。
私の大長寿のおばあちゃんのように、昔からずっと痩せていても健康な人はいる。

ちょっと太めだと、ブティアの民族衣装がとても似合うのはたしか。

少し、太ろうか。
最近、お茶にバターを入れたり、いろんなものにバターを入れちょっと大目に食べるようにしている。

ケチュパリ近くの土砂崩れの道路、26日ぶりに昨夜から開通したそうです。

スピリチュアルなゲストハウスに

現在、私が借りているゲストハウスには

長期滞在のブータン人のお坊さんと
北シッキムレプチャ族の祈祷師である23歳の青年と
レプチャ族のスピリチュアルパワーがあるといわれる少女が滞在している。

ケチュパリ湖は聖地なため
お坊さんやスピリチュアルな人がよく来る。

この北シッキムからの祈祷師の青年。
目が、笑顔が美しく、法要始めの歌が賛美歌のよう。
本当にいろんな力がありそうに見える。
彼は明後日から、ここから1時間半の滝の近くの森にあるグルリンポチェ洞窟に3ヶ月間滞在するそうだ。
たまに来てねと言われたのでたまに差し入れしにのぞきに行ってみよう。

高僧のように生まれながらにしてスゴイ人もいるけれど、
普通の人も、勉強するといろいろ出来るようになるらしい。
その勉強とは、満月に誰もいない川で素っ裸で素手で魚を掴んだり・・・
このような、勉強によって力を得たスピリチュアルな人も、シッキムにたくさんいる。
私も特訓しようかしら。

義姉夫妻はこの青年祈祷師に、自分が村長になれるかどうか、息子は学年末試験をパスするかどうか、などを質問していた。
義姉の旦那は村長になりたいのか・・・
息子は、勉強したら試験をパスできるだろうし、祈祷師にそんなことも聞くのね。

法要をすると良いそうです。

昨日、ソナムが突然下痢ではない腹痛になり、ブータンお坊さんが呪文を唱え
高僧が作ったという薬草丸のような薬を飲み、体にいい煙を吸い込んだら治った。
重病は治らないだろうけれども、ちょっとの痛みがこのような治療で治るのは、信じる力からか、お坊さんの呪文か。

このケチュパリ湖のゲストハウスに住んでいるから、いろんな方々に巡り合える。

信じることが当たり前のシッキム。
シッキムにいると、人は誰もが祈りの力を持っているんだなぁと感じる。

R0018593.jpg
*ブータンお坊さんが石割りの手伝いをしてくれた

お供えもののお菓子

ケチュパリの尼寺から数ヶ月に一度
お供え物で集まった大量のお菓子が配られる。

R0018346.jpg
*大量!

昔のお供え物は、果物や野菜、お米などだったのだろう。
現在は、インドの既製品ビスケットばかり。

子供のいるお母さんは50キロの米袋2つ3つ分のお菓子をもらっている!
もらいすぎ!

インドのビスケットはいろんな種類がありおいしいものも多い。
食べすぎは体に悪い。

そんな私もソナムも毎日一袋はお店で部屋で食べている。

私が、甥っ子、姪っ子に会うときはインドの既製品ビスケットを一袋ずつあげる。
代わりのものが見つからないから。
子供の母も、ビスケットをあげるとなんだかとてもうれしそうなのでついつい。
どうしよう。

体に悪いと思っているのにあげるのは、今は亡きソナムのお父さんが喜ぶのでお酒をたくさんあげていたのと同じだ。

ソナムが小さいときは、ビスケットは売っていなくてお菓子代わりにとうもろこしなどを食べていたそう。健康的。
たった20年前に、ビスケットがなかったとは!
なのでみんな歯が白い。

でも今のシッキムの子供は、インドの既製品のお菓子を食べすぎだ。
コーラやペプシもよく飲んでいる。
0歳児がガム食べてる。

大人が小さい子に会うと、ガムや飴、ビスケットなどをあげるのが習慣になっているシッキム。
はぁ。

甘いもの好きな私も既製品をあまり食べないようにしよう。

子供とその母をインドビスケット以外の方法で喜ばせるにはどうしようか。
先日ビスケットをあげずにお小遣いをあげたら、やっぱりビスケットを買っていた。

お菓子を買いにいくために商店に行くのが面倒なので
初めてフライパンでクッキーを作った。

おいしい!
大工さんたちにも好評でうれしかった。

手作りは既製品よりずっと安全でおいしい。

R0018557.jpg

誤差は気にしないこと

木職人による1階のドア枠、窓枠作りが終わった。

ドア枠5個、窓枠12個を7日間で終えたジグマンさんはネパール人で
お酒をまったく飲まず、6時から夜まで仕事をするので、日本人かと思った!
ソナムの実家近くからの人で泊り込みで来ていた。

さっそく玄関木枠をはめてみることに。

R0018564.jpg

R0018563.jpg

R0018566.jpg
*左から木職人、石職人、ソナム、4番目の義兄の嫁の弟、スッバおじさん

なんとはまらず、木枠を1インチ削って、さらにすでに積んである6段分の石も少しずつ削って
ハンマーで打ち込んではめた。
そのため、上のほうが一センチ大きい、ドア本体どうなるのかな。

作る前に幅をちゃんと計っていたのに・・・???

玄関用に幅広く指定した木枠幅を削り、普通の枠幅になった。
石、木枠を削るのをくすぶる思いで見ていたけれど

悩んだ結果わかったのは、

ジグマンさんは3センチ前後の誤差は気にしない。
どの窓もドアも指定通りではなく誤差が。

私は窓の大きさを1センチ単位で考えて決めたのだけれども。

枠を作り終え、ジグマンさんはメリ村に帰りました。

センチ単位で気にしているのは、シッキムで私だけかもしれない。

シッキムの人は、ジーンズを試着せずに買う。
試着室をシッキムで見たことがない。
靴も試着しないことが多い!(ソナム)

やっぱり誤差は気にしないのか。

これも、文化、習慣の違いでしょうか。

日本の職人さんと共に働いてみてほしい。

今後もどうなることか。

気楽に行こう。

土砂崩れ

道路が土砂崩れで壊れて数日たった。
さっき、崩れたところを車で見に行った。

ケチュパリから5キロくらいのところが大きく壊れていて
道路の上からの落石と倒木が川に向かって落ちている。

滅茶苦茶なので一ヶ月くらい道路工事に時間がかかりそう。

この先の道も数箇所土砂崩れしているらしい。

毎年7月中旬に雨で道路がこうなる。
土砂崩れは夜中に起きるので怪我人はいないと思う。

R0018543.jpg
R0018537.jpg
*手前の道路から先がぐちゃぐちゃ

R0018538.jpg

ぐちゃぐちゃのところを歩くか、森を迂回すれば、町には行ける。
雨で危ないので行かないのが一番。
部屋のある丘からお店のある場所に行くのも森林を通る、
上から木の枝が落ちてくるのが怖いので、土砂降りの時は森を歩かないようにしている。

こんなときでも村人は、徒歩で20キロくらい遠くまで行ったり来たりしていて、足が丈夫だ。

アイスのある町に、そしてシッキム滞在書の延長に州都に行きたいけれど、道路次第。

電気は昨日久しぶりに3時間きて、今日も来てほしい。
村のずっと上の滝からの水も、水道管が風雨で壊れてしまって数日水が来ていない。
今日、村人が直しに行ってくれたので来るはず。

自然の力はすごい。

食べ物はいっぱい買ってあるので心配ない。
こういうときのためにも、町に頼らない自給自足を目指したい。

誰も来ないケチュパリは、とても静か。
PROFILE

haru

Author:haru
インド北東部ヒマラヤ南麓のネパールとブータンの間のシッキム州ケチュパリ湖でブティア族の夫、子供と暮らしています。

湖に向かう参道にてお店「SIKKIM-YA」をしています。
湖から5分の家でホームステイも始めました。
お問い合わせはこちらまでお願いします。
h-n8@hotmail.co.jp

よろしくお願い申し上げます。

*Souvenir Shop
SIKKIM-YA*
Handicraft,Postcard,
Buddhism goods,etc

*Place*
Khecheopalri Lake,
P.O. Khecheopalri,
West Sikkim,
Sikkim,India
Pin737-113

CATEGORIES
CALENDAR
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NEW ENTRIES
LINKS
このブログをリンクに追加する
ARCHIVES
FC2カウンター