KHECHEOPALRI LAKE SIKKIM INDIA | 2012年10月

すべては早朝に

村の人達は早朝に行動を始める。
4時起きで家畜の世話などをしている。

朝6時前に人が訪問してきたり、チーズや卵を売りにきたり、お金のやり取り、携帯電話も早朝頻繁にかかってくる。
寝起きでお金を支払うことが多く間違えそうな毎日。

乗り合いジープも6時半に出発する。
早くにうるさいから携帯は起きたら電源を入れる。

よく寝る、起きないことで有名な私たちは7時頃に起きる。
寝ていたくても、親族、近所の人、大工さんに起こされる。

7時はまだ早いと思うのだけれど、遅いのか。

ふだん寝るのが8時頃だから、寝すぎかな。
逆に、夜8時過ぎに携帯電話はかかってこないし、みんなも寝るから静か。

ケチュパリで、朝8時半過ぎまで寝ていたことが一日もない!夜12時過ぎに寝たことが1日もない!というのは日本にいた時の私から考えると奇跡だ。
朝8時半に起きたのも、夜12時に寝たのも、ソナムがカルダモンの収穫でケチュパリに滞在していなくて、私ひとりの自由なとき。

もうすぐ8時、おやすみなさい。

R0018815.jpg
*カリンポンから6匹買って車で私たちが持ってきた黒豚は義兄の家にいる。

ガス待ち

ガスは使いきりタイプで、そのガスが切れて2週間。
タイミングが悪いのかまだ手に入らない。

停電時には調理ヒーターも役に立たないため、火をおこそうとしてみたけれど薪が湿っていて難しい。
通り過がりの村人にお願いして火をつけてもらっても、慣れていないから火を続けて強火にできない。
乾いた薪と、火のカマド、そしてソナムがいないと難しいのでやめた。

多くの村人はガスも調理ヒーターもないけれど、火のカマドでおいしくごはんを作る。
早くそのようになりたい。

ここ3日間は石大工さんと一緒に食べていて楽しい。
朝と夜、建築中の我が家の横の竹小屋にお邪魔する。
でも、数日後にはヒンドゥー教の祭連休が一週間以上あるため彼らはみんな帰ってしまう。
帰らないで欲しい。

ソナムは、家仕事の後は選挙のなんやかんやで連日12時に帰ってくる。
いま、甥っ子もゲストハウスの一部屋に、そして長期滞在のお坊さんはゲストハウスのすぐ横の小さいお寺に常時滞在、そして選挙会議が頻繁にゲストハウスであって、おおにぎわい。

このレプチャのお坊さんは、予言で有名で見てもらいたい人がよく来る。
その予言、街で売っている2012年チベット暦占いの本を見ながらで、ちょっと驚いた。

R0018853.jpg
*シッキムでは、掛け布団、敷布団、枕が重要。これはソナム兄長男の家。

大工さんとごはん

お肉の時は石大工さんの住んでいる竹テントの家で夕ご飯を食べることが多い。
お肉は火で調理したほうがおいしいし、私は料理しなくていいからうれしい。
彼らの料理、おいしい。

お肉じゃないときも大工さんに料理してもらって竹テントに食べに行きたい。

今の5人の石大工さんたちは、ケチュパリから20キロくらい離れた村から来ていて
みんなスッバという名字のネパール人でスッバ語を話す。
スッバ語はネパール語と違うので何を話しているのかわからない。

そのうちのひとりの中国製の携帯電話に、プロジェクター機能がついていてびっくりした。
白いA4の紙を竹の壁につけて、ネパールのお笑いのようなのを見た。
こちらの人は、携帯電話の2GBのマイクロSDカードに音楽や動画を街で入れて、それを繰り返し見ている。

R0018857_20121011000708.jpg
*左から
一番仕事上手な大工さん、おじいさん大工さんふたり、ソナム、料理などする若者大工さんふたり

ごはんが出来た頃に写真の左端の大工さんがフラフラに酔っ払って帰ってきて、いつもは真面目な人だからおもしろかった。

一緒にヒマラヤ山脈に行こうと誘われた。
私の体力ではむずかしいだろうけれど、
ヒマラヤにある花は人間くらいの背丈だったり、いろんな種類がたくさん咲きみだれていてまるで天国のようなんだそう。

いつか、ヒマラヤ登山したい!
こんなに近くに住んでいるのだから。

村の健康診断

村の健康診断は世帯ごとに受けるため急遽呼ばれて学校で私も受けた。

R0018812.jpg
*血圧測定はポンプ式ので

検査は
身長、体重
血圧
指をチクッとして血液検査3種類
糖尿病検査

用紙に名前や年齢などいろいろ書いて
最後に写真を撮って終わり。

自分の年齢をわかっていない人が多くておもしろかった。
義姉の旦那も、1971年生まれで44歳!と答えていたけれど、71年なら今年41歳だ。
大丈夫かなぁ

体重や年齢、月の収入など、係の人に大声で言われるし記入の紙を誰でも見ることができるしプライバシーがなかった。
いつものことだけど。

何かのカードを作るためなのか、健康診断なのかはよくわからない。
結果は後日来るのかもわからない。

尿検査や問診や歯、目、耳などの診断はなかったけれど、
これだけでも村人の健康チェックになる。

ソナム170センチ55キロで痩せた。
去年は60キロあったはず。
私も以前より3キロ痩せていて、風邪を引いたからだろうか。

こんな小さな村でも、検診があってすこし安心した。

R0018813.jpg
*PCのカメラで顔だけ撮るのに、足と手を組む友達

ケチュパリ村長選挙まで1ヶ月

11月3日に村長選挙がある。

村長をヒンディー語でパンチャットと言う。
任期は5年間。
村人が何かしたいときは、村長のサインやら村長に相談したり、政府からの援助や仕事をどの村人に渡すか決めたりなど、村一番権力がある。

現村長ヨンダさんとソナム姉の旦那ペマさんが争うことに。
ペマさん、ソナム姉、ペマさんの息子もちょっと興奮気味な毎日。

高3卒業レベルの学力が必要で、先生や看護婦や役人などは立候補出来ないので
おのずとこのふたりしかいない。
レプチャ族ばかりの村なのに、このふたりはブティア族。

5年前の選挙では、ペマさんの妹が立候補しヨンダさんが勝った。

先月からヨンダさん、ペマさんの呼びかけによるそれぞれの会議が何回も開かれている。

選挙活動のお手伝いでソナムも私もさらに忙しくなる予感。

選挙の度に酔っ払い事件が発生するらしい。
さらに男性はみな常に大きいナイフを腰に巻きつけて持ち歩いているので危ない。

でも、村長選挙でこんなに立候補者、村人がとても白熱しているのは新鮮!!!
昔の日本もこんなだったのかな。

水道も電気も道路の設備も不十分な観光地ケチュパリ村の今後は村長次第。
ヨンダさん、ペマさん、今のところ五分五分でどちらか読めない。

R0018807.jpg
*テレビがある家には子供たちが集まる。
テレビは目線より下が良いと思うのだけれど、どの家も上にある。
PROFILE

haru

Author:haru
インド北東部ヒマラヤ南麓のネパールとブータンの間のシッキム州ケチュパリ湖でブティア族の夫、子供と暮らしています。

湖に向かう参道にてお店「SIKKIM-YA」をしています。
湖から5分の家でホームステイも始めました。
お問い合わせはこちらまでお願いします。
h-n8@hotmail.co.jp

よろしくお願い申し上げます。

*Souvenir Shop
SIKKIM-YA*
Handicraft,Postcard,
Buddhism goods,etc

*Place*
Khecheopalri Lake,
P.O. Khecheopalri,
West Sikkim,
Sikkim,India
Pin737-113

CATEGORIES
CALENDAR
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
NEW ENTRIES
LINKS
このブログをリンクに追加する
ARCHIVES
FC2カウンター