KHECHEOPALRI LAKE SIKKIM INDIA

インド シッキム州ケチュパリ湖の暮らし
MENU

ヤク牛

今日はヤクと牛のミックスであるヤク牛8頭に家作りのための砂を32袋運んでもらった。

シッキムはヤクがいることで有名。
ヤクは標高3000メートル以上の北シッキムなどに住む。
2000メートルくらいのケチュパリ周辺ではこのヤク牛が活躍している。

ケチュパリ寺工事の荷物運びのために数日間ケチュパリに来ているヤク牛。

牛よりも角が長く、モーと鳴かず、毛が長い。
ヤク牛は一頭80000ルピーくらいで、牛より高い。

夜は、私の部屋の近くで休むヤク牛たち。
首に大きなかわいい鈴がついていて、夜中まで鳴り止まない。
ずっと何か食べいてる。

今もカランコロンと良い音が鳴り響いていて、眠くなる。

ケチュパリ祭は2月23日から27日までとのことだが、大賑わいは24、25日の2日間。

明日売りたいシッキムDVD作成のため、今晩は眠るのが遅くなりそう・・・
PCだけでなく家庭用DVDプレーヤーで再生可能な作り方が今日やっとわかったものの日中は停電で作ることが出来なかった。
一枚作るのに30分以上かかり、あと80枚もある!

明日は7時頃からお店を開きます。


R0019432.jpg
*ごはんを食べている

R0019457.jpg

R0019454.jpg

R0019430.jpg

yakuyaku.jpg
*砂を運び中

images.jpg
*これは本当のヤク

ケチュパリ祭の前

先日、都会に買い物に行ったのも、ケチュパリ祭のため。

R0017519_20130218231019.jpg

毎年、チベット正月ロサルの2週間後の満月はケチュパリ祭。
今年は2月23、24、25日。(お祭りは22日から、23日から、24日からのどれが本当なのかまだわからない)

あと5日間くらい。

タシディンのブンチュという大法要と同じ日なため、両方をまわる地元の人達で混みこみになる。
このお祭りでは、ケチュパリ湖に感謝する法要をする。
この法要は村人が順番でする。
私たちにも順番がいつか来る。
法要のことから、村人みんなへのご飯、お酒の振る舞いまであり、忙しい。
とくに、ご飯とお酒の振る舞いの準備が大変。

インド人観光客、外国人観光客はいつも通りで、シッキム人参拝客がたくさん来る。
インド人、シッキム人の出店もたくさんくる。

私たちレストラン、お土産屋、雑貨屋など商店のひとたちは、ここぞとばかりにがんばる。
普段あまりがんばらないケチュパリの村人も、この日だけは、法要のために、お店のために早朝から夜までがんばる。
このがんばりを、一年間のうちの半分でもしたら、すごく発展するだろうな。

私も、手作りのものを作りためようと作っているところ。

お祭りの時は、きちんと民族衣装を着てお店に立つつもり。
わー楽しみ。

昨日ケチュパリ湖まで私に会いに来てくださった日本人ご夫婦に頂いた日本のお菓子をあとでいただこうと思います。
親世代のおふたりとお話して、心がほんわか和み元気を頂きました。
お会いできて本当にうれしいです。
ありがとうございます。

これがシリグリ

ウエストベンガル州のシリグリとカリンポンへ一週間行ってきた。
その間の、セメント部分への給水は近所のおじちゃんふたりにお願いした。

シリグリはインドのよくある大きな街。
シッキム州より良い病院もあり、街ではいろんなものを買うことができるため、片道6時間かけて年に一度くらい行く。

ソナムはまた胃カメラ検査をして胃潰瘍などの薬を2ヶ月分買い、私は健康診断をした。
ソナムは今もたまに胃が痛む・・・
24歳で胃カメラを2回もして、かわいそう。

ノースウエストベンガルクリニックという病院は、シリグリでは一番良い病院だと思う。
シッキムの州立病院と、デリーの最新病院の中間くらいで、日本人と同じ顔のシッキム人の患者さんも多いのでちょっと安心できる。
ちょっとだけど。

なぜシリグリで買い物をするのかというと、多くの種類があるから。
同じものもケチュパリ最寄の街ではシリグリの数倍の値段で売っていることも多い。
500ルピーのセメントの上に被せたりテントを作る工事中に欠かせないプラスチックカバーは、ケチュパリ最寄の街では1500ルピー。同じものなのに。
ケチュパリは富士山のようなところなのかな。

すごく大変だったのは・・・
4日間シリグリにいて、運転中に4回も警察に捕まった!
信号違反で200ルピー、駐車違反と環境税?不払いで1600ルピー、バイクの免許なしで600ルピー(義兄)。
そして最後に信号違反?で捕まり、私が警官と話して見逃してもらった。
どの信号違反もオレンジ点滅で進んだときのこと。
オレンジは進んでは行けないのだろうか。

信号をわかってないのもいけないのだけれども、信号があろうがなかろうが、サイクルリキシャーと、バイクと横切る人と、オートリキシャでグチャグチャの道路で、警察に捕まらずに進むのはとても難しい。
大きなインドの街の道案内は私が得意で、ソナムと義兄はまったく道を覚えられない。
田舎や森だと逆で、私が道を覚えられない。
日ごろ田舎道しか運転しないソナムは、狭い場所での駐車がうまく出来ず毎回冷や冷やする。
私はこんなところで運転出来ない。
ソナム偉い。

駐車違反では、警官に免許と車の大切な紙をいろいろと没収され、翌日銀行で罰金を支払い、そのまま警察まで取りに行った。
それ以外は警察官本人にお金を渡した。

3回は夜6時ごろの大通りの同じ場所でのこと。
シリグリの運転はこわい。

義兄はバイクを買うために一緒に来たのだが免許がないのに驚いた。
シッキムにいる限り免許はいらないのかもしれないし、よくわからない。

シリグリでシッキム人は、外国人観光客よりもぼったくられているような気がする。
どこから来たのかと聞かれると、ダージリンからと言うことにしている。
バイク購入もとても大変だった。
シッキムの田舎の人は、昔昔の日本人のようだから、インドの都会で買い物は難しいと義兄を見て思う。
彼は、4日間中一度もインド人と話せなかった。
バイク購入からごはんを食べるなどすべて私たちがした。
日本人の私がインド人と話せるのだから、義兄さんもがんばってほしい。
同じインド国籍なのだから。

念願のポストカードも作れたし、ケンタッキーもインド料理も食べることができて、インド人のエネルギーも感じられて、インドが大好きな私は楽しかった!
たまにはインド平地いいな。

帰りに寄ったカリンポン、とても安全でホッとした。

シリグリは、シッキム州からデリー、コルカタ、南、北、外国、どこに行くにも必ず通る場所。
ここを攻略出来るようになりたい!

R0019376.jpg
*病院

R0019371.jpg
*ショッピングセンターでちょっとホッとする私たち

R0019366.jpg
*義兄人生初のエスカレーター

R0019368.jpg
*人生初のKFCでは、義兄は自分の飼っている鶏のほうがおいしいと言っていた。人工的に育てられた鶏の味がするそう。

R0019370_20130214204309.jpg

R0019384.jpg
*シリグリにはお寺もありチベット人も多く住んでいる。

R0019379.jpg
*運転中の眺め

R0019380.jpg

R0019375.jpg

大人数で梁工事

3日、4日は石積み1階部分の上の鉄筋コンクリートの梁を作るために、型枠にコンクリートを流し込む作業だった。

3日は30人、昨日は15人の大工さん。

梁作りは、鉄筋を切り繋げて、コンクリートを流し込む木枠を作って、コンクリートを流し込むまでの作業を、ケチュパリから30分のスッバ族の村の大工さんを率いるネパール人のプルナさんにお願いした。

プルナさんは、真面目で良いのだけれども、木枠のときも木が何枚いるという見積もりがなくて大変な思いをした。この2日間のセメント作業も、セメントが、砂が、小石があとどのくらい必要なのかの見積もりが出来ないので大変だった。
いつも急にあといくつセメントとか言われるのだけれど、お店もないし、人力で運ぶのに急に揃えられない。
結局セメントと小石と鉄筋は大量に余った。
見積もり出来てほしい・・・

昨日は他人の砂をわけてもらったり、早朝5時にトラックでセメントなどを買いに行き、ソナムもたくさんの砂やセメントを運び、なんとかやりくりして昨日無事に終わり、ホッとしている。

コンクリート流し込みの2日間の大勢の大工さんのために、ごはんとお酒も用意してほしいとそれも急に言われて
ビール4ケース半、ラム6本、米酒たくさん、鶏10キロ、ごはんなどを用意。
料理をレプチャ族の人達にお願いして作ってもらった。

シッキム人大工さんには、大勢作業や最後の作業のときに、お酒とお肉を大量に用意しないといけないこともあると知った。

ソナムを含めシッキム人は、計画を建てない人が多い。
今だけを考える。
明日のことを考えたい私は、驚くことばかり。
見積もってほしい。

この、鉄筋コンクリート作業は、このプルナさんたちシッキム人に頼むか、シリグリの平地のインド人大工さんにお願いするか迷ってプルナさんに願いしたもの。
今後、セメント作業があったら、お酒とかお肉を食べないであろうインド人大工さんにお願いしよう。
セメント作業は、インド人大工さんが慣れていて上手らしい。

家作りが本当に半分終わったのでうれしい!!!
あと半分だ!

R0019316.jpg
*シャベルでひたすら混ぜる。2日間で66袋のセメント、211袋の砂、264袋の小石を混ぜた。

R0019349.jpg
*昨日

R0019336.jpg

R0019323.jpg

R0019301.jpg
*インドでは竹で支える。

R0019309.jpg

R0019342_20130205125016.jpg

R0019324.jpg

R0019344.jpg
*天井もセメントの部分はトイレとお風呂場になる。

該当の記事は見つかりませんでした。