KHECHEOPALRI LAKE SIKKIM INDIA | 2017年03月

牛の親子

10日前に産まれた子牛とお母さん牛が我が家にやってきた。
親戚に代わって面倒を見ることに。
牛乳は子牛と折半したものを、親戚と半分ずついただく。
牛乳からヨーグルト、がんばればチーズとバターも作ることが出来る。
シッキム以外にいるときはほぼ牛乳を飲まないのだが、シッキムでは飲む。

IMG_8433.jpg

牛のお世話はソナムもラッパおじさんもよく知っているので大丈夫。
牛が食べる草を刈ってきてたくさんあげる、お水をいっぱいあげる、大きな鍋に残飯とトウモロコシの餌、塩、野菜の餌を混ぜて煮たものをあげる。
煮込んだ餌をあげると牛乳がたくさん出るそうだが、本来草しか食べないだろうから、草とお水だけのほうが牛にはいいのかもしれない。
自分の家の牛から出る牛乳を飲むのは安全で安心。
これから8カ月間くらいお乳が出るのだそうだ。
お乳のためだけでなく、牛の糞尿は野菜作りやカルダモンの肥料などに大活躍。
手間暇かかるお世話を見ていると、近所の牛から牛乳を買ったほうが簡単だなと思うけれども、子供も喜ぶし、搾りたてはおいしい。

日本から戻ったら、子犬がいて、牛の親子も増えて、また鶏もやりそうで、どんどん増えていく生き物。

寒いケチュパリ

3月はこんなに寒かっただろうか。
部屋の中、11度。
ファンヒーターをつけるものの、昨年に増して停電が続いていて火を囲む日々。
久しぶりにネットをしない数日間を過ごしてのんびりできた。
インド旅行中、停電もほぼなく、ネット環境も整っており、シッキムとの差に愕然とした。
私のいない間に、離れに竹小屋の火の台所ができていて、料理は火で作ってもらっている、ラッパおじさんに。

30度以上だった南インド、デリー、シリグリが懐かしい。
旅行中、暑い暑いと文句を言っていたソナムは今、寒くて死んじゃいそうと言っている。
オーロヴィルなどでは蚊に悩まされたが、ここは蚊が一匹もいないのでうれしい。

IMG_8415.jpg

いつもホーリーの時期に行われるケチュパリ祭は無事終わった。
ケチュパリの地元の人や遠方からのインド人などの出店も多く、歌唱大会などもあり、おもしろい1週間だった。
大観光シーズンの前に、ペマヤンチェ寺に行って、ユクサムの友人に会って、メリ村にまた数日間滞在しにいきたい。

3月から開店しています。

南インドの旅より戻り、SIKKIM-YAは8日から開店中です。
3月11、12、13日はケチュパリ祭です。
すでに出店がたくさん集まってきていて、みんなワクワクしています。
私たちもはりきって参加したいと思います。
尼寺では連日大きな法要が行われており、お経が朝から夜まで聞こえます。

本日、私の親世代の日本人の団体のお客さんがいたそうです。
お会いしたかったです。

どうぞよろしくお願いいたします。
PROFILE

haru

Author:haru
インド北東部ヒマラヤ南麓のネパールとブータンの間のシッキム州ケチュパリ湖でブティア族の夫、子供と暮らしています。

湖に向かう参道にてお店「SIKKIM-YA」をしています。
現在、雨季&夏休み中です。
9月末に再開店いたします。

湖から5分の家でホームステイも始めました。
お問い合わせはこちらまでお願いします。
h-n8@hotmail.co.jp

よろしくお願い申し上げます。

*Souvenir Shop
SIKKIM-YA*
Handicraft,Postcard,
Buddhism goods,etc

*Place*
Khecheopalri Lake,
P.O. Khecheopalri,
West Sikkim,
Sikkim,India
Pin737-113

CATEGORIES
CALENDAR
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NEW ENTRIES
LINKS
このブログをリンクに追加する
ARCHIVES
FC2カウンター