KHECHEOPALRI LAKE SIKKIM INDIA

インド シッキム州ケチュパリ湖の暮らし
MENU

牛の親子

10日前に産まれた子牛とお母さん牛が我が家にやってきた。
親戚に代わって面倒を見ることに。
牛乳は子牛と折半したものを、親戚と半分ずついただく。
牛乳からヨーグルト、がんばればチーズとバターも作ることが出来る。
シッキム以外にいるときはほぼ牛乳を飲まないのだが、シッキムでは飲む。

IMG_8433.jpg

牛のお世話はソナムもラッパおじさんもよく知っているので大丈夫。
牛が食べる草を刈ってきてたくさんあげる、お水をいっぱいあげる、大きな鍋に残飯とトウモロコシの餌、塩、野菜の餌を混ぜて煮たものをあげる。
煮込んだ餌をあげると牛乳がたくさん出るそうだが、本来草しか食べないだろうから、草とお水だけのほうが牛にはいいのかもしれない。
自分の家の牛から出る牛乳を飲むのは安全で安心。
これから8カ月間くらいお乳が出るのだそうだ。
お乳のためだけでなく、牛の糞尿は野菜作りやカルダモンの肥料などに大活躍。
手間暇かかるお世話を見ていると、近所の牛から牛乳を買ったほうが簡単だなと思うけれども、子供も喜ぶし、搾りたてはおいしい。

日本から戻ったら、子犬がいて、牛の親子も増えて、また鶏もやりそうで、どんどん増えていく生き物。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。