KHECHEOPALRI LAKE SIKKIM INDIA

5月

一番忙しいこの5月は久しぶりに私がお店にいることにした。
ソナムもどこかに行くときは、時々子連れで店。

インド人観光客はありがたいことに子供が大好きなので、写真を撮ったり、私があげないことにしているお菓子をくれたり、ほっぺを触ったり。
子供だけを撮るのではなく、自撮りに私の子を参加させている。
インド人観光客の自撮り棒率はとても高い。

IMG_8646.jpg

念願のオーブン

先日、念願のオーブンを購入したので日本滞在中にたくさん作ったクッキーやパウンドケーキなどを作っている。
子供に、砂糖がいっぱい入った市販のおやつをあげないようにしているのでせっせと作っている。
そして、おいしいおやつは街でも村でも手に入らないので、自分のためにも。

このクッキー、一度目は真っ黒に焦げた。インドのオーブンのせいなのか。温度設定を下げて再挑戦。
IMG_8299.jpg

アルミフリーのベーキングパウダーはたくさん持ってきている。
パウンドケーキを作ろうとしたら、型をうっかり日本に忘れてきてしまい、シリグリで捜しても丸形しかなかったため、ケチュパリに来てくれる友人にお願いして買ってきてもらった。ありがとう!
この友人が来てくれる前に、ケーキを作ろうと思ったら停電になってしまい作れず。
今回は焼く前だったけれど、焼いている途中で停電になったらどうしようか。

あぁ、ゴムベラもなかった・・・。
でも、全粒粉、牛乳とバター、はちみつがあれば何でも作れる。うれしい。
そろそろパンも作ってみよう。

観光シーズン

観光シーズンがやってきました。
日ごろから多いベンガル州のインド人に加え、南インドからのインド人も続々と来ています。
旦那ソナムは1週間くらい不在なため、私が子連れでお店にいます。
2歳児を見ながらはちょっと大変ですが、お店のまわりの方々が息子と遊んでくれて、さらにインド人観光客も驚くほど子供好きなので意外と大丈夫です。やっぱりインドはいいなと思います。
村の人がみんな息子を知っているし、会えばかまってくれて、あっちにいるよと教えてくれて、ありがたいです。

IMG_8622.jpg
ケチュパリの完成間近の尼寺

メリ村滞在

今回も心地良すぎて、結局8日間もいたメリ村。
2日間で帰ると言っておきながら。
メリ村には旦那の兄4名とその家族が住んでいる。
息子の遊び相手がたくさん。

今回も3番目の兄の家に泊まった。ヤンチェンとチュンキー。6月に3番目の子が産まれる。
ヤンチェンはもうすぐ寮制の学校に行ってしまうかも。
IMG_8470.jpg

甥っ子4人は寮制の学校にいるので今回は会えず。みんなが息子の相手をしてくれるので、楽だった!
みんながオムツはかわいそうだということで、オムツなしスタート。
こちらの子は基本オムツなしなので、みんなトイレでできるようになるのが早い。
IMG_8585.jpg

こどもたちはトウモロコシの植え付けを手伝ったり、木に登ったり
IMG_8538.jpg

IMG_8572.jpg

手作りの子供ボール。シッキムでよく見る。
IMG_8574.jpg

インド人がものを売りに来る。兄嫁はまさかのブラウスを購入。
IMG_8577.jpg

ごはんはすべて薪をくべて。
IMG_8588.jpg

親戚が近いと良い。
メリ村は観光客が来ないので、自給自足的な暮らしをしている。
畑仕事、牛のお世話、薪割り以外の時間は、親族、近所の人とのんびりおしゃべりして過ごしている。
あぁ夢のような8日間。癒された。
ここにも小さな家を作りたい。

牛の親子

10日前に産まれた子牛とお母さん牛が我が家にやってきた。
親戚に代わって面倒を見ることに。
牛乳は子牛と折半したものを、親戚と半分ずついただく。
牛乳からヨーグルト、がんばればチーズとバターも作ることが出来る。
シッキム以外にいるときはほぼ牛乳を飲まないのだが、シッキムでは飲む。

IMG_8433.jpg

牛のお世話はソナムもラッパおじさんもよく知っているので大丈夫。
牛が食べる草を刈ってきてたくさんあげる、お水をいっぱいあげる、大きな鍋に残飯とトウモロコシの餌、塩、野菜の餌を混ぜて煮たものをあげる。
煮込んだ餌をあげると牛乳がたくさん出るそうだが、本来草しか食べないだろうから、草とお水だけのほうが牛にはいいのかもしれない。
自分の家の牛から出る牛乳を飲むのは安全で安心。
これから8カ月間くらいお乳が出るのだそうだ。
お乳のためだけでなく、牛の糞尿は野菜作りやカルダモンの肥料などに大活躍。
手間暇かかるお世話を見ていると、近所の牛から牛乳を買ったほうが簡単だなと思うけれども、子供も喜ぶし、搾りたてはおいしい。

日本から戻ったら、子犬がいて、牛の親子も増えて、また鶏もやりそうで、どんどん増えていく生き物。
PROFILE

haru

Author:haru
インド北東部ヒマラヤ南麓のネパールとブータンの間のシッキム州ケチュパリ湖でブティア族の夫、子供と暮らしています。

湖に向かう参道にてお店「SIKKIM-YA」をしています。
現在、雨季&夏休み中です。
9月末に再開店いたします。

湖から5分の家でホームステイも始めました。
お問い合わせはこちらまでお願いします。
h-n8@hotmail.co.jp

よろしくお願い申し上げます。

*Souvenir Shop
SIKKIM-YA*
Handicraft,Postcard,
Buddhism goods,etc

*Place*
Khecheopalri Lake,
P.O. Khecheopalri,
West Sikkim,
Sikkim,India
Pin737-113

CATEGORIES
CALENDAR
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NEW ENTRIES
LINKS
このブログをリンクに追加する
ARCHIVES
FC2カウンター